スマートフォン用の表示で見る

過度経済力集中排除法

社会

過度経済力集中排除法

かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう

かつてあった日本の法律

(昭和二十二年法律二百七号)

第二次世界大戦直後の1947年昭和22年)12月18日に公布された法律財閥解体や寡占企業の解体が目的だった。

昭和30年(1955年)7月25日、廃止。