スマートフォン用の表示で見る

霞ヶ関文学

社会

霞ヶ関文学

かすみがせきぶんがく

意味

法案や公文書作成における官僚特有の作文技術を揶揄したもの。

文章表現を微妙に書き換えることで、別の意味に解釈できる余地を残したり、中身を骨抜きにするなどを狙った言葉の使い方。

事例

  • 「完全民営化」と「完全に民営化」(「に」を入れることで将来における裁量の余地を残す)
  • 「等」を入れることで、他の形態の可能性を残す。