我らひとしくギャルゲヒロイン

マンガ

我らひとしくギャルゲヒロイン

われらひとしくぎゃるげひろいん

我らひとしくギャルゲヒロインとは、月刊コンプエースにて不定期に掲載されているギャルゲー美少女ゲーム)を題材にした読み切り漫画である。略称は「わロイン」。

作者はじゅうあみ。

ギャルゲーのヒロインがここがゲームの世界だと気づき、自身がゲームの世界の住人であることを気づくというメタフィクショナルな面を持つが基本的にはギャグ作品である。

読み切りが単行本化にはなっているが正式な連載ではなく、売れなかった際打ち切られると事前に予告されている。

スピンオフとしてヤングエースUPにおいて「我らひとしくソシャゲヒロイン」が連載中。

あらすじ

ある時、幼なじみの主人公である朝比奈勇太に話しかけられた姫宮花凛は、勇太の前に何かの半透明の板が浮いているに気づく。違和感に気づいた花凛は強引に勇太の親友の仲嶋聖に連れ去られ、この世界がゲームの世界であることに身を実感することになる。また先に気づいていた朝比奈勇太の義妹の小桃やクラスの委員長の望月楓と合流し勇太への対策を練ることになったが…。