我身にたどる姫君

読書

我身にたどる姫君

わがみにたどるひめぎみ

鎌倉時代の成立と推定される王朝文学。作者不明、全八巻。

4世代・帝7代・45年間に渡り、恋愛を中心に天皇家摂関家の人間模様を描いた大河物語。題名の姫君は最終巻まで登場はするもの、次第に影が薄くなる。一貫した主役は存在せず、巻ごとに異なる人物が表へ出てくる。

源氏物語』を深く模倣し、和歌もふんだんに取り入れられている。また、当時の世相から退廃的な要素も多い。

伝本