スマートフォン用の表示で見る

芽キャベツ

芽キャベツ

めきゃべつ

アブラナアブラナ属。

キャベツの仲間で長く太い茎が直立し、葉柄の付け根に小さな芽を隙間なくつける。気温が12度程の低温になるとその芽が結球しはじめる。寒さに強い、というか、暑さに弱く、生育期間が長めなので、旬の時期(晩秋・冬)以外の収穫は難しい。 品種によっては一株から60以上も収穫可能。原産地は地中海沿岸。ベルギーで改良されて現在の芽キャベツに。子持ち甘藍とも。