賀屋興宣

一般

賀屋興宣

かやおきのり

昭和の政治家。東大卒。

大蔵官僚として活躍し、昭和12年の林内閣で大蔵次官となる。

その直後の近衛文麿内閣で蔵相。

昭和16年には東条内閣の蔵相となり、戦時経済を取り仕切った。

そのため戦後、A級戦犯となり、終身禁固刑を宣告された。

復権後、池田内閣内閣法相となり、戦後政界の重鎮として

長きに渡って活躍した。

昭和47年、政界から引退。