賀茂保憲

読書

賀茂保憲

かものやすのり

概略

賀茂保憲(AD.917〜AD.977年)

暦博士・天文博士・陰陽頭。

賀茂忠行の息子で陰陽頭を任じて平安中期を代表する陰陽師

源頼経の日記『左経記』には、「当朝は保憲をもって陰陽の規模となす」と高い評価した。

名高い安倍晴明と、その子安倍吉平の師匠でもある。

小さいの頃、鬼神を見えることに賀茂忠行まで驚きな才能を持っておる。

また、彼は暦道を息子の賀茂光栄に伝えて、天文道を安倍晴明に伝えた、

これから陰陽道宗家は賀茂家と安倍家という形の基礎を作ったの当本人である。

著作には「暦林」や「保憲抄」などがある。

系図

忠行─┬保憲─┬光栄─┬守道─┬陳經──道榮─┬家栄──憲栄─┬在栄
   ├保胤 ├光國 └行義 ├道平     ├保平     └成栄
   ├保章 └光輔     ├道俊     └保栄──保家
   └保遠         └道親



附筆

安倍晴明師匠について、良く賀茂忠行賀茂保憲両人にされるが、

実は『今昔物語』以外、安倍晴明賀茂忠行に師事した話は無さそうだ。


また、帝都物語の主人公である加藤保憲の保憲も、この賀茂保憲から襲名したもの。

由来は、安倍晴明よりも上座に君臨した陰陽師云々。(帝都物語異録より)