駕籠

一般

駕籠

かご

主に江戸時代に使われた交通手段。乗客はカゴ状の中央の乗り場に座り、前後1人ずつの担ぎ手がかついで、進行した。

急ぎの場合は、担ぎ手が前後2人ずつおの「4人駕籠」も利用された。