スマートフォン用の表示で見る

会戦

一般

会戦

かいせん

[英] pitched battle

会戦とは、大部隊(通常は軍以上)相互の戦闘をいう。

初期の旧日本陸軍の教書では、敵・味方両軍が戦場に相会遭して戦うことを会戦といい、別に主力相互の戦いを全戦と呼んでいた。

1885年陸軍大学校の教官として招聘されたドイツの参謀将校K.W.J.メッケル少佐著の陸軍大学校教本《戦時帥兵術》(1886)では、「"戦闘"とは一般に戦いの総称であるが、慣用上"Gefecht"(戦闘)と言えば、小部隊の戦いを意味し、大きい部隊の戦いを"Schlacht"(会戦)と言う。」とある。