会話分析

サイエンス

会話分析

かいわぶんせき

会話分析(かいわぶんせき、 英: Conversation analysis)は、1960年代カリフォルニアで始まった社会学の研究領域のひとつである。ハーヴィ・サックスによって切り拓かれ、エマニュエル・シェグロフ、ゲイル・ジェファーソンらによって大きく展開された。私たちが「会話をおこなう」ことそのものが、きわめて組織だったさまざまな手続きによって成立している現象であることに注目し、実際の会話の音声を詳細に書き起こして分析することで、そうした手続きの記述をおこなう。