スマートフォン用の表示で見る

快特

一般

快特

かいとく

京急の快特

京急が1999年の白紙改正により、従来の快速特急から変更した種別。もともとは快速特急の略称だった。停車駅は泉岳寺品川京急蒲田京急川崎横浜上大岡金沢文庫金沢八景横須賀中央、堀ノ内から三崎口までの各駅。空港線に入る列車もある。また空港線内は羽田空港国際線ターミナル以外には停車しない。cf. エアポート快特

ダイヤと車種

上述の改正では、従来特急だった都営浅草線直通列車も快特に格上げされた。このため、品川または泉岳寺折り返しの列車には列車番号にA、浅草線直通列車にはSH、(都営車使用の列車はT)をつけて区別している。

Aの快特SH快特はともに品川-横浜で120km/h運転の認可を得ている。このため、日中はA快特の基本編成には基本的には2100形SH快特の基本編成には1号線直通規格に適合し、120km/h運転のための増圧ブレーキを備えた車両(1500形、600形、新1000形の8両固定編成)を充当する。付属編成には、2000形1500形、600形、新1000形の4両固定編成を充当する。

平日朝ラッシュ時には、上りに従来の通勤快特であるB快特があり、金沢文庫まで特急金沢文庫からは快特となる。すべて品川行きで、折り返しについては、半数は回送、残りはA快特特急として下りも営業する。1000形、800形を除いたすべての車両が充当される。なお、最初と最後の2本(1B、3B、17B、19B)は基本編成が2100形

平日夕ラッシュ時は、A快特SH快特ともに2100形・800形・1000形以外の車両が充当される。2100形京急ウィング号に充当される。

SH快特の一部は京成高砂以北の京成線への乗り入れがあるため、停車駅予報装置や種別幕の対応を行った600形に原則として限定されている。(北総線には新1000形1500形も乗り入れる。)

空港線に入る快特は、日中は10分間隔で運行され、そのうち4本に1本は都営浅草線内も通過運転を行う「エアポート快特」である。列車番号は所属社局で変わり、京成車の場合K、都営車の場合T、北総車の場合N、(京急車の場合はSH)とついている。ただし、「K快特」などの呼び方はなされない模様。

ダイヤ上では、快特のために用意された線種はない。特急と同じ太さのスジが引かれている。

イメージカラーは緑。

英語表記は列車の表示では特急と同じく「Limited Exp(ress)」。

ただし、駅の時刻表では「Rapid Express」(快速急行の意味)を使っている場合もあり、表現に揺れがある。


京成の快特

2006年12月10日のダイヤ改正から、京成にも快特が登場したが、京成には「かいとく」と発音が似た「かいそく(快速)」が存在するため、現在では「快速特急」に統一されている。

ただし、京急の時刻表では自社と同様に「快特」と表記する。


名鉄の快特

→「快速特急」を参照してください。