スマートフォン用の表示で見る

懐炉

一般

懐炉

かいろ

携行して身体を暖めることのできる発熱体。

古くは火で暖めた石を携行して懐炉としたが、近代以降には、白金触媒で揮発性の燃料を低温度で燃焼させる白金懐炉(「ハクキンカイロ」と表記すると商品名)や、鉄の酸化反応を利用した使い捨て懐炉が発明された。