スマートフォン用の表示で見る

改変世界

読書

改変世界

かいへんせかい

歴史のどこかで、我々とは別の道に入ってしまった世界を描く小説。ナチスドイツが勝ってしまった後の世界を描いたフィリップ・K・ディックの『高い城の男?』、カトリック教会の力が強すぎて、科学技術の発展が変な方向にねじまがってしまった世界を描く『パヴァーヌ』が有名。