海の記念日

一般

海の記念日

うみのきねんび

7月20日にあったかつての記念日。1876年に明治天皇東北地方巡幸の際、灯台巡視の汽船の明治丸に乗船して航海し、青森港から函館を経て横浜港に到着した日である7月20日を記念して、1941年に当時の逓信大臣の村田省蔵の提唱により制定された。その後、「海の日」として祝日化する国民運動が盛んになり、1996年に「海の日」として祝日化された。