海も暮れきる

読書

海も暮れきる

うみもくれきる

 吉村昭の中編小説。結核療養のため、瀬戸内海小豆島での8か月にわたる最期のひとときを生きる尾崎放哉を描いた小説。