海カキ

地理

海カキ

かいかき

JR東海東海鉄道事業本部大垣車両区の略称。


所属車両・運行線区は以下の通り。

形式編成名両数運用備考
211系0番台C編成4両東海道線1986年に登場した。編成番号は0番台。当初は青帯の中京カラーを採用していたが、JRになってから湘南色となった。その後改造が進められ、120km/h運転対応となり、311系にひけをとらない姿となった。2編成しかいないので、見つけにくいが、運用は基本的に限定されている。現在岡崎岐阜間を中心に、大垣豊橋間で主に普通列車*1として運行されている。
211系5000番台*2C編成3両東海道線1987年に登場した。こちらは0番台みたく大幅な改造はされておらず、また120km/h運転に対応していない。5000番台にはトイレがなく、長距離乗車はきついものがある。2006年に名古屋地区での運行を終了し、静シスに転属。LL編成となる。
311系G編成4両東海道線中央西線名鉄対策のため、1989年に登場した。設備面ではテレホンカード式公衆電話が設置されるなど、グレードアップされている。当初から120km/h運転に対応しており、新快速を中心に運行されていたが、313系の登場後は主に普通・快速列車に充当されている。*3運行区間は東海道線静岡米原間、中央西線名古屋多治見間で運行されている。なお、冬季を除き、快速ナイスホリデー木曽路*4に充当されており、名古屋塩尻間を走っている。
117系S編成4両主に東海道線名鉄対策のため、1982年に登場した。関西地区に投入された117系とは異なる仕様*5である。当初は6両編成で快速東海ライナー」の運用が中心だったが、後に4両編成に組み替えられ*6快速新快速運用を中心に活躍した。その後、311313系にその場をとられ、そして2ドアであることから主にラッシュ時にしか活躍できなくなった。運行区間は浜松米原間で、現在は米原金山間の快速運用を中心に、新快速区間快速をそれぞれ1本受け持つほか、大垣米原間・浜松豊橋間の区間運用もこなしている。それ以外にもさわやかウォーキングなどの多客臨や臨時電車としての運行もある。
313系Y編成2・4両東海道線*7飯田線*81999年に登場したJR東海の次世代型車両。キハ75のコンセプトを受け継いでいる。現在の新快速特別快速の主役である。そのほか普通列車区間快速にも充当される。2両編成は313系4両編成の増結のほか、増結として311系とよく併結したり、2+2で新快速運用についたり、2両編成だけで東海道線運用につくこともある。*9浜松米原間・大垣美濃赤坂間・豊橋本長篠間で運行されている。
285系?編成7両東海道線山陽線宇野線瀬戸大橋線予讃線伯備線山陰線1998年に登場した次世代型寝台特急型電車。車内は住宅メーカーとの共同開発でつくられたものとなっている。JR西日本も同系列の0番台をうけもっている。JR東海では3000番台がこの大垣車両区に所属している。0番台と3000番台の違いはほとんどない。現在は定期運用としてサンライズ瀬戸サンライズ出雲に充当されている。繁忙期は広島方面に向かうサンライズゆめ*10にも充当される。しかし、普段はJR西日本出雲運輸区に駐在しているため、基本的に形式上の所属となっている。

その他、クモヤ145形が所属している。

*1:土休日に新快速豊橋行きがある

*2静シスへの転属の為、現在海カキに所属する編成は無い。

*3:現在は新快速はもちろん特別快速区間快速の運用もうけもっている

*4:一部指定席

*5:自動解結装置や半自動ドアなしなど

*6:ばらされた編成はクハ117-100番台・クハ116-200番台とくんだ

*7美濃赤坂支線含む

*8:2両編成のみ

*9:昼間の大垣米原間の区間運用はすべて313系2連の運用

*10東京発のみ