海フェスタ

一般

海フェスタ

うみふぇすた

海フェスタは、「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という「海の日」本来の意義を再認識し、3連休をより有効に活用し、海に親しむ環境づくりを進め、広く国民の海に対する関心を喚起することを目的として、毎年海の日を含む約1週間程度、記念式典、祝賀会、シンポジウム等を中心に、船の一般公開や体験航海、マリンスポーツ、コンサートなど、海に関して開催されるさまざまなイベント。

1986年から、主要港湾都市において「海の祭典」として行われていたが、2003年に「海の日」が国民の祝日として7月第3月曜日となったことに伴い「海フェスタ」に改称し、2011年を除いて毎年開催されている。