海形海山

地理

海形海山

かいかたかいざん

[英語表示] Kaikata Seamount

海形海山は、東京の南方約980km、硫黄島北北西約210km にある海山。日本に110ある活火山の一つ。

その基部は水深3,500mにあり、南部の海徳海山とは水深2,200m で尾根を接する。海形海山頂部には東峰*1と北東−南西に連なる3つの峰からなる西峰列*2とがある。東峰にカルデラ地形が認められ、最大径3km、最大水深933m で、中央火口丘*3を有する。東峰の中央火口丘頂部で、海底熱水活動に伴う白色の変色域が確認されている。構成岩石のSiO₂量は49.1〜60.6wt.%である。

ただし、有史以降、記録に残る火山活動はない。

*1:KC:頂部水深425m

*2:KN-KM-KS:頂部水深は北より、424、165、627m

*3:頂部水深449m