スマートフォン用の表示で見る

海皇紀

マンガ

海皇紀

かいおうき

川原正敏の漫画。

月刊少年マガジン講談社)にて、1998年3月号から2010年8月号まで連載された。単行本全45巻。

解説

月刊少年マガジンで連載された、恐らく日本初の本格帆船漫画。とは言っても、わかりやすい冒険活劇を軸に話を進めつつ、徐々に帆船の知識を説明していくスタイルを取っており、その種の知識がなくても問題なく楽しめる。

帆船同士の海戦以外にも失われたカガクの謎を追うという要素、格闘シーン、帆船同士の競走、などが不足なく描かれている。まさに王道。

駆け引き、読み合いによって勝負の決着が付くことが多く、「碁の知識がなくてもヒカルの碁は楽しめる」のと同様に、帆船用語を覚える気がなくても十分楽しめるように構築されている。もちろん、知っている方がより深く楽しむことができるが。