海底油田

地理

海底油田

かいていゆでん

海底?に存在する油田のこと。浅海大陸棚などに位置する場合が多い。

海上に石油プラットフォームと呼ばれる、巨大な掘削櫓(外見は巨大なヘリポートに見える)を固定し、海底ボーリングを行う。

商用として世界で初めて海底油田を掘削したのは、日本の尼瀬油田新潟県出雲崎町)であるとされる。 2007年現在、世界最深の油田は、アメリカ合衆国メキシコ湾岸油田エクソンモービル社が保有する油田。水深8,600フィート(約2,580メートル)に達しているが、同地域では年々規模の拡大が続いており、水深10,000フィートを超える掘削リグの設置計画を持つ社も存在している。