スマートフォン用の表示で見る

皆川睦雄

スポーツ

皆川睦雄

みながわむつお

プロ野球南海ホークスの選手。 登録名「勝雄*1」。

右投右打、ポジションは投手背番号は22番。

1935年7月3日生まれ。山形県出身。

米沢西高校*2から1955年南海ホークスに入団。

2年目の1956年より一軍に定着、8年連続2桁勝利を記録。

1960年代を代表する投手として、ホークス黄金時代に大きく貢献した。

1968年には31勝をマークし、最多勝最優秀防御率の2冠を獲得。

現時点での最後の30勝投手として知られる。

温厚な性格で、同期入団の野村克也の良き理解者として知られた。

1971年、現役引退。

引退後は朝日放送野球解説者を務める。

1984年阪神タイガース投手コーチに就任。1985年、退団。

1986年、読売ジャイアンツ投手コーチに就任。1988年、退団。

1991年近鉄バファローズ投手コーチに就任。同年、退団。


退団後、再び朝日放送野球解説者を務めていた。

また、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手・コーチとしても活躍。

2005年2月6日、敗血症のため大阪府堺市大阪労災病院で死去、享年69。


2006年3月16日、山形県民栄誉賞を受賞。

2011年、現役時代の功績により野球殿堂入りを果たす。

*11970年1971年

*2:現在の米沢興譲館高校。