開高健賞

読書

開高健賞

かいこうたけししょう

作家・開高健を記念して1992年から2001年まで、開高健賞運営委員会TBSブリタニカ(現・阪急コミュニケーションズ)が主催した日本の文学賞

対象作品については、「これまでの文学様式にこだわらず、フィクションノンフィクション、評伝にわたる、創造的な人間洞察に富んだ作品をもとめるもので、必然、冒険心とユーモアに富んだものが望ましい」としていた。

開高の名は集英社主催の「開高健ノンフィクション賞」に引き継がれた。

受賞作