開星中学校・高等学校

一般

開星中学校・高等学校

かいせいちゅうがっこうこうとうがっこう

島根県松江市にある私立の中学校・高等学校。男女共学。

運営は学校法人大多和学園。

沿革

1924年松江ミシン裁縫女学院創立。

1928年松江洋裁女学校と改称。

1945年松江被服専修女学校と改称。

1946年松江高等実践女学校と改称。

1948年学制改革により松江家政高等学校となる。

1951年学校法人松江家政学設立認可。

1977年学校法人大多和学園、松江第一高等学校と改称。

1978年、普通科進学コースに男子入学

1988年、学科を再編して普通科と調理科を設置。全学級男女共学となる。

1994年、開星中学校を開校、高校を開星高等学校と改称。中高一貫教育を実施。

2011年、調理科を廃止し、普通科のみとなる。

部活動

硬式野球部は強豪で、選抜高等学校野球大会に2回、全国高等学校野球選手権大会に8回出場している(2011年現在)。

第82回(2010年)選抜高等学校野球大会の1回戦、21世紀枠和歌山県立向陽高等学校に1-2で敗れた後、監督が「21世紀枠に負けたことは末代までの恥。」「もう野球をやめたい。腹を切りたい。死にたいですね。」などと発言した。翌日、不適切な発言だったとして監督と校長が謝罪、監督は辞任することになった。監督は2011年4月に復帰。同年定年退職となるため勇退するという。