外間守善

読書

外間守善

ほかましゅぜん

大正13年(1924年)沖縄県那覇市生まれ。沖縄研究者。(沖縄の歴史・文化・言語・文学・思想等とフィールドは広い。)法政大学名誉教授、沖縄学研究所所長、沖縄文化協会会長。

国学院大学文学部金田一京助から「琉球方言文法論」の研究で卒論を出すように指導され、沖縄研究へ進む。昭和29年、東京大学服部四郎言語学)に師事し、沖縄研究を本格的に始める。

昭和55年(1980)、南島歌謡の研究によって伊波普猷賞を受賞した。

平成7年(1995)、『南島文学論』(角川書店刊)で角川源義賞を受賞した。

沖縄の歴史と文化 (中公新書)

沖縄の歴史と文化 (中公新書)

沖縄学への道 (岩波現代文庫―学術)

沖縄学への道 (岩波現代文庫―学術)

定本おもろさうし

定本おもろさうし