外山紀子

サイエンス

外山紀子

とやまのりこ

発達心理学者、早稲田大学教授。1965年長野県生まれ。お茶の水女子大学家政学児童学科卒、同大学院家政学研究科修士課程終了、1993年東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了、「理論的知識の発達と食事スクリプトの柔軟化」で学術博士。2000年津田塾大学学芸学部専任講師、助教授、2007年准教授、教授。2013年早稲田大学人間科学学術院教授。専門は発達心理学(認知発達、食発達)。

著書

  • 『心と身体の相互性に関する理解の発達』風間書房 2007
  • 『発達としての〈共食〉 社会的な食のはじまり』新曜社 2008

共編著

翻訳