外壁塗装

一般

外壁塗装

がいへきとそう

外壁の塗装通常工程 足場を掛け既存の壁の汚れを高圧洗浄による水洗い・又は薬剤等で落とし、外壁を乾燥させ、窓、枠等塗料が付着しないようビニール・テーピング等養生し、その後地にシーラーやサーフフィラー系の下地強化材を下塗りコーティング後、中塗り又は仕上げ塗りにアクリル、ウレタン、シリコンフッ素等の塗材により(耐候年数順)1〜3回を塗る。また木部・鉄部の塗装も油性・ウレタン等で同時施工が多い。リフォームでは各種ローラー、新築等は吹き付け等で仕上げる。また吹き付けの場合コテなどでおさえ凹凸をつくる。水性、油性、溶剤系あり 尚溶剤はやや臭いがあり。