スマートフォン用の表示で見る

外房線

地理

外房線

そとぼうせん

JR東日本の路線(幹線)。

路線

千葉安房鴨川間 93.3km

千葉市から房総半島の東岸(いわゆる「外房」)に抜け、海岸沿いに安房鴨川まで南下する。列車は主に千葉発。千葉蘇我間は内房線の列車も走っている。

京葉線総武快速線横須賀線からの直通列車もあり、特に東京方面とを結ぶ特急列車はすべて京葉線経由で運転されている。

年表

1896年1月20日 房総鉄道 蘇我大網間開業

1896年2月25日 房総鉄道 千葉蘇我間開業

1897年4月17日 房総鉄道 大網一ノ宮(現・上総一ノ宮)間開業

1899年12月13日 房総鉄道 一ノ宮−大原間開業

1907年9月1日 房総鉄道国有化

1909年10月12日 路線名を房総線とする

1913年6月20日 大原−勝浦間開業

1927年4月1日 勝浦上総興津間開業

1929年4月15日 上総興津安房鴨川間開業 北条線(現・内房線)を房総線に統合

1933年4月1日 安房鴨川を境に房総線を房総東線・房総西線に分割

1968年7月13日 千葉蘇我間電化(西線木更津電化と同時)

1972年7月15日 蘇我安房鴨川間電化 房総東線を外房線に改称 特急わかしお」運転開始