スマートフォン用の表示で見る

拡張子

コンピュータ

拡張子

かくちょうし

ファイル名の末尾に付いている、ファイルの種類を識別するための「.(ピリオド)+英数字(2〜4文字が多い)」の文字列拡張子を見るだけで、そのファイルが何のファイルかを特定できる。

OSによっては、拡張子が付いていることにより、ファイルの閲覧や再生、編集をするのに必要なソフトを判別してコンピューターが動作する。有名なところでは、Windows拡張子を必要とする(ただし、Windows 98以降のExplorerでは、ファイルの拡張子が表示されないのがデフォルトである)。一方、Mac OSは一般的に拡張子を必要としない。

代表的な拡張子の例

画像ファイル

  • .jpg/.jpeg(おもに写真に使われる画像ファイル)
  • .gif(256色。イラストなどに使われる。アニメーションにも対応している)
  • .png(Webの表示を目的として作られた画像ファイル)
  • .bmpWindowsの標準的な画像ファイル)
  • .psd(画像編集ソフト「Photoshop」のファイル)
  • .ai(画像編集ソフト「Illustrator」のファイル)

汎用系

Microsoft Office

  • .doc(「Word」のファイル)
  • .xls(「Excel」のファイル)
  • .ppt(「PowerPoint」のファイル)

Web系

プログラム

ほか多数。代表的な「拡張子」について|パソコン|サポート・お問い合わせ:シャープも参照。

目次