格闘探偵団バトラーツ

スポーツ

格闘探偵団バトラーツ

かくとうたんていだんばとらーつ

1995年に藤原組から独立し、石川雄規が立ち上げたプロレス団体。バチバチと言われる独特の熱血ファイト・スタイルで有名だった。

アレクサンダー大塚モハメド ヨネ池田大輔島田裕二レフェリーらが所属していた。

埼玉県越谷市に本拠を置き、地元密着のプロレス団体としても好評だった。

石川雄規ザ・グレート・サスケと交友が深く、みちのくプロレスと親密だった。

2001年ZERO-ONEの第一回「火祭り」を「猪木軍入り」を理由にドタキャンした事件から、バトラーツの人気が急落し、団体としてのバトラーツは崩壊。石川雄規らを残してほとんどの選手が退団した。