核セキュリティ・サミット

一般

核セキュリティ・サミット

かくせきゅりてぃさみっと

[英] :Nuclear Security Summit

核セキュリティ・サミットとは、核物質などがテロリストに悪用される「核テロリズム」の脅威に対して、悪用防止やその厳格な核物質管理といった「核セキュリティ」について議論を交わすための国際会議。「核安全保障サミット」などとも呼ばれる。

背景

アメリカ合衆国で2001年9月11日に発生した同時多発テロ以降、国際社会は新たな緊急性を持ってテロ対策を見直し、取組を強化してきた。

2009年4月,オバマ大統領プラハチェコ)において演説を行い、核テロ地球規模の安全保障に対する最も緊急かつ最大の脅威とした上で,核セキュリティ・サミットを提唱した。

実施内容

首脳レベルで核テロ対策に関する基本姿勢や取組状況、国際協力の在り方について議論する。

「核セキュリティ」には、核兵器を盗む・奪う、核爆発を引き起こす装置を開発する、周囲を放射性物質で汚染する「ダーティボム」を製造する、原子力施設を対象に破壊活動や妨害行為を行、といった行為を主な脅威として挙げている。

開催

回数日程場所参加国数備考
第1回2010年4月12日-13日アメリカ合衆国ワシントンD.C.47カ国・3国際機関日本はホスト国、アメリカ合衆国が議長国
第2回2012年3月26日-27日大韓民国ソウル53カ国・4国際機関
第3回2014年3月24日-25日オランダハーグ53ヶ国・4国際機関
第4回2016年アメリカ合衆国