スマートフォン用の表示で見る

核弾頭

一般

核弾頭

かくだんとう
  1. 核兵器ミサイルや魚雷などの弾頭としたもの。*1
  2. 転じて、野球における1番打者の呼称。

*1:初期の核兵器核爆弾として、爆撃機から投下する大型のものであった。しかし、1950年代後半、大陸間弾道ミサイルなどが開発されると、核兵器も小型化し、ミサイルの先端に取り付けて発射できるものになった。