核兵器なき世界

一般

核兵器なき世界

かくへいきなきせかい

核不拡散体制の徹底とともに、核軍縮原子力平和利用を推進、将来的には核兵器の廃絶を実現しようとの目的を、核を保有する常任理事国が中心となって進めようとする歴史的な決議のこと。

NPT(核拡散防止条約)体制強化により核不拡散を徹底、核関連物資や技術が核開発に野心を持つ国家やテロリストの手に渡るのを阻止することが、決議の当面の狙い。核兵器保有国である常任理事国の米英仏露中5か国も自ら、NPTに基づく核軍縮交渉を推進するとうたった。


2009年9月24日、国連安全保障理事会において、議長国であった米国が提案し全会一致。