角盈男

スポーツ

角盈男

すみみつお

角盈男(本名:角三男、1956年6月26日 - )は、日本の元プロ野球選手・プロ野球指導者、野球解説者、タレント。パシフィックボイス所属。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム日本担当スカウト。

プロ野球選手として読売ジャイアンツ日本ハムファイターズヤクルトスワローズに所属。

鳥取県米子市出身。

米子工業高校から三菱重工三原を経て、1976年ドラフト3位で読売ジャイアンツから指名を受け、翌年に入団。

1年目の1978年に5勝7セーブで新人王を獲得。翌年は制球の悪さが顕在化し不調に陥ったが、1980年オーバースローサイドスローに改造して才能が開花した。球速こそ落ちたものの、課題だったコントロールが向上したことから頭角を現す。

変則的なフォームでタイミングが取りづらいことや地肩が強く連投が利く特長を生かして、早くから抑えのエースとして活躍。

1981年には8勝20セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得して、チームのリーグ優勝にも貢献した。

他方、リリーフとしての長きにわたる貢献により、他球団からのマークにあって研究され、また自身の制球難からの救援失敗などもあり、次第にリリーフエースの座を鹿取義隆に譲る。

右サイドハンドの鹿取に対し、左サイドハンドの角はセットアッパーやワンポイントリリーフとして重用され、長く巨人リリーフ陣の核として活躍した。

1989年のシーズン途中に左投手不足に悩む日本ハムファイターズ無償トレード移籍。通算では40試合に先発、3完投の成績を残した。

1992年に小川淳司との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍し、再びリリーフとしてチーム14年ぶりのリーグ優勝に貢献。通算99セーブで同年引退。

引退後は1995年にヤクルト1997年は古巣の巨人投手コーチを務め、退団後はニッポン放送野球解説者を務めた。

通算記録

618試合 962回 38勝60敗 99セーブ

タイトル

  • 最優秀救援投手:1回 (1981年)

表彰

  • 新人王 (1978年)
  • ファイアマン賞:1回 (1981年)
  • 後楽園MVP賞:1回 (1981年)