スマートフォン用の表示で見る

郭嘉

一般

郭嘉

かくか

字は奉孝。三国志の英雄。潁川郡潁陰県の人(170〜207)

の推挙によって曹操の幕下となる。

類稀な洞察力を持っており、徐州での劉備との和議、孫策の死、袁家の行く末などを的確に予言する。

この若き英才は曹操からも深く愛されたが、38歳の時に風土病で死去する。

赤壁の戦いでの敗戦の時、曹操

郭嘉さえいればこのような敗戦はなかった」と語った。