学バス

地理

学バス

がくばす

学バスは、東京都交通局都営バス)が主にJRの最寄駅から大学までの間を徒歩圏で移動するには距離があり、かつある程度の利用者が見込める場合に設定している路線系統のこと。

系統名が「学○○」と「学」で始まることからこのように呼ばれる。

一般系統よりは運行距離が短いため、運賃も170円(小児90円)と、一般系統の200円(小児100円)に比べて安く設定されている。

1949年7月、東京大学と、上野駅お茶の水駅を結ぶ2系統の運行を開始したのが始まり*1

現在は6系統が運行されている。

学バス系統一覧

系統名起点主な経由地終点所轄営業所
学01東大構内東大病院前・上野広小路上野駅巣鴨営業所
学02高田馬場駅西早稲田早大正門小滝橋営業所
学03渋谷駅国学院大学日赤医療センター渋谷営業所
学05目白駅(直通)(休校日運休)日本女子大練馬営業所
学06恵比寿駅広尾高校前日赤医療センター渋谷営業所
学07東大構内東大病院前・竜岡門御茶ノ水駅巣鴨営業所

*1:当時は営団地下鉄地下鉄丸ノ内線も開通していなかった