スマートフォン用の表示で見る

学会

一般

学会

がっかい

大辞林』の第二版では、

同じ学問を専攻する学者が、研究上の協力・連絡・意見交換などのために組織する会。

と定義されている。この定義に沿うもので、かつはてなダイアリーキーワードになっている学会には、

などがある。

IT関係の学会といえば

などがある。

また辞書的な定義とは異なるが、創価学会の略称としても使われてしまうことがあるため、下手に「学会」というと、たとえ学者や研究者であっても、創価学会とかかわりを一切持っていなくても創価学会の関係者と誤解されてしまうことがあるため注意しなければならない。