スマートフォン用の表示で見る

学級文庫

読書

学級文庫

がっきゅうぶんこ

担任の教師が児童・生徒に読ませたい本を置いたり、児童・生徒が読まなくなった本を持ち寄ったり、卒業した学級の文庫を引き継いだりして蔵書された学級単位の文庫。ほとんどの学校で図書館が整備されている現在ではその必要性は薄らいでいるが、現在でも担任の熱意などにより学級文庫活動を行っている場合がある。