学校群制度

一般

学校群制度

がっこうぐんせいど

学校間格差を無くして、全ての学校の学力を同等にすることを目的とした入試制度の一。

複数の学校が群れをつくって合格者を振り分ける。

過剰なまでの平等主義の象徴として悪名高く、日比谷高校に代表される名門校の地位低下を招いた。

現在ではほとんどの都道府県で廃止されている。