学徒出陣

社会

学徒出陣

がくとしゅつじん

大平洋戦争の長期化及び戦局悪化により、1943年(昭和18年)より理工学系を除く大学生に対する徴兵猶予を取り止め、大学生を軍隊に招集し戦場に送ることを決めた軍事政策。