学童集団疎開

学童集団疎開

(社会)
がくどうしゅうだんそかい

学童集団疎開(がくどうしゅうだんそかい)

太平洋戦争の末期、戦局の悪化するなかで行なわれた学童を強制的に疎開させたこと。攻撃目標となるような大都市、産業などを分散させるために行なわれた。京浜、阪神地方の大都市の学童を中心に、学校毎の集団疎開も含め、約45万人を田舎に避難させた。疎開先での学童は、食料やノミなどに悩まされるという悲惨な生活を送った。

新着ブログ: 学童集団疎開