笠信太郎

社会

笠信太郎

りゅうしんたろう

1900年12月11日〜1967年12月4日

日本のジャーナリスト東京商科大学本科卒業。

ジャーナリストとして朝日新聞論説主幹などを歴任。また、恒久平和の実現を目指して、湯川秀樹らと共に世界連邦運動を提唱し続けた。