笠縫邑

地理

笠縫邑

かさぬいむら

現在の奈良県内にあったとされる宮中に奉祀していた天照大神を移し、豊鍬入姫命に託して祀らせた場所。比定地については諸説ある。

崇神天皇6年に、宮中に奉祀していた天照大神を移し、豊鍬入姫命に託して祀らせ、同時に宮中を出された倭大国魂神は渟名城入媛命に託して、後に大和神社に祀ったとされている。