スマートフォン用の表示で見る

梶井基次郎

読書

梶井基次郎

かじいもとじろう

小説家東大中退。

明治34年(1901年)、大阪生まれる。昭和7年(1932年)、32歳の若さで結核で亡くなる。

桜の下に死体があるような気がするのは、氏が『桜の樹の下には』という作品を書いたため。

丸善の本棚の上にレモンが置いてあったら爆弾だと思うのは、氏の『檸檬』を読んだ人。

ネコの爪を切ってしまうと、きっとネコは死んでしまうと思うのは、氏の『愛撫』を読んだ人。



作品

檸檬

城のある町にて

泥濘

路上

過古

雪後

ある心の風景

Kの昇天

冬の日

櫻の樹の下には

器樂的幻覺

蒼穹

筧の話

冬の蠅

ある崖上の感情

愛撫

闇の繪巻

交尾

のんきな患者