梶田繁政

梶田繁政

(一般)
かじたしげまさ

美濃国加治田村出身。新助とも言う。父は、梶田直繁。子に梶田政村

生涯

父と一緒に旗本豊臣秀吉に仕える。秀吉没後、福島正則家老となる。
岐阜城の戦いでも複数の敵と渡り合って活躍し、関ヶ原の戦いに参加、蜂須賀や、可児吉長と共に争い、十字無盡に働き活躍。
関ヶ原の戦い後、福島正則の家老として備後三原城の守りにつき、民政統括にあたる。
福島正則が改易された後、春日井下市場に帰り隠居する。だが、尾張藩徳川義直は繁政を仕官させようとしたが、老齢のゆえをもって辞退し、嫡子新助政村を義直に仕えさせた。

人物

徳川家康より
「大将首三級を得たるは大きな働きなりとて、御感賞なし下され御感の余り、其功を子孫に残し示す為、首を三級盆にのせ、此を家紋として、長く伝へよ」
と言われ、難有破格の御意を賜り、面目を施した。
所縁が深い加治田村の加治田を苗字に使っていたが、加治田を改め梶田とした。加治田氏とも言う。
慈眼寺開基であり、北に梶田繁政新助の城跡(石碑塚)が現在もある。

新着ブログ: 梶田繁政