スマートフォン用の表示で見る

活性汚泥法

一般

活性汚泥法

かっせいおでいほう

 雑廃水の処理技術として、世界の主流をしめる技術。「活性汚泥」の正体は土壌細菌である。攪拌池と沈殿池のセットからなり、攪拌池で雑廃水と活性汚泥を酸素を補給しながら攪拌して、雑廃水酸化させる。沈殿池で、やや水より重い活性汚泥が沈殿するので、上澄みの処理水を塩素で消毒したあと放流する。