滑河観音

滑河観音

(一般)
なめがわかんのん

千葉県成田市滑川1196にある滑河山と号する天台宗の古刹―龍正院(りゅうしょういん)の通称。この通称のほうがより知られている。

平安時代の初め頃に慈覚大師・円仁によって開かれたものと伝わる寺で、十一面観音(十一面観世音菩薩)を本尊に拝し、県指定有形文化財の本堂、そして国指定重文の仁王門(におうもん)などを境内に置いている。

市立滑河小学校のすぐ脇にあり、しもふさ七福神の毘沙門天札所、滑河駅が最寄。

 参考資料:龍正院

新着ブログ: 滑河観音