滑稽本

読書

滑稽本

こっけいぼん

江戸時代中期〜後期。会話体で話を進める笑いの文学。『東海道中膝栗毛』、『浮世風呂』など。