樺山資紀

一般

樺山資紀

かばやますけのり

樺山資紀(1837年10月20日-1922年2月8日)は、日本の軍人、政治家海軍大将、伯爵。大勲位菊花大綬章受章。

薩摩国鹿児島城下高見馬場(現在の鹿児島県鹿児島市)生まれ。

薩摩藩士橋口与二郎の三男で、樺山四郎左衛門の養嗣子となる。

薩英戦争戊辰戦争台湾征討に従軍西南戦争では熊本鎮台参謀長として籠城。

1878年陸軍大佐、近衛参謀長

1880年大警視を兼任。

1881年官職名変更により警視総監となった。

1883年には陸軍少将から転じて海軍大輔となった。

海上勤務の経験なくして1884年海軍少将1885年中将に昇任し、軍務局長、次官、第1次山県、第1次松方内閣海軍大臣歴任ののち、枢密顧問官となって予備役編入

日清戦争では海軍軍令部長として現役復帰。

1895年史上2番目の海軍大将になり、同時に初代台湾総督。

第2次松方内閣の内相、第2次山県内閣の文相となった。第2議会の議場で藩閥政治擁護の演説をし、「日本今日の発展は薩長のおかげだ」といって物議をかもした。

1903年元帥となる。