スマートフォン用の表示で見る

株式交換

一般

株式交換

かぶしきこうかん

買収企業の株式を、売却企業の株式(多くの場合自社の増資新株)と交換することによって行なわれるM&Aの手法のこと。

買収する企業は、新たに自社株を発行して、買収される側の企業と交換するだけなので、基本的に買収資金がいらないというメリットがある。

株式の移転を簡単にするために1999年の商法改正で定められた。