スマートフォン用の表示で見る

蒲団

読書

蒲団

ふとん

女弟子が去ったあと、その蒲団をクンクンする話。

作者は、田山花袋。元祖ネタ小説(=自然主義小説)。

こんなのを小説にしてもいいのか、と明治小説家はみんな驚いた。


 田山花袋の作。初出:明治40年9月「新小説」

 人に秘し隠しておくべき恥ずかしいこと、醜いことをありのままに、自分自身を主人公として書くという執筆態度が、発表当時評判になった作品である。いくらかの虚構はあるにしても、主人公は花袋自身であり、女もその恋人も実在の人物を、そのまま描いたとされ、わが国の自然主義文学の代表作と見なされている。

 

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)

蒲団・一兵卒 (岩波文庫)

蒲団・一兵卒 (岩波文庫)